Songbird

HOME » STAFF BLOG » カスタム・リペア

STAFF BLOG

カスタム・リペア

指板材:ハカランダ

DSC01216
59~62年ストラトキャスター用にブラジリアン・ローズウッド(ハカランダ)入荷
指板とネックの接着面の平らな「フラット貼り」または「スラブーボード」ように厚みもばっちり

セミアコ ジャック落ち

DSC00833
ジャックが緩んで外れてしまったエピフォンのセミアコです。

DSC00834
まず取り出し口になるfホールが出てくるようにピックガードを外します

DSC00837
DSC00835
ひっかき棒のようなもので取り出します

DSC00838
取り出したジャック穴からひも(針金が入ってるタイプだと通しやすい)をfホールにむかって通します

DSC00839
通してきたひもをジャックのプラグ穴から遠しくくり付けます
DSC00841

DSC00840

DSC00842
そおっと引っ張り出してきます
無理に引っ張ると他のリード線が絡まって最悪断線します

DSC00845
DSC00844
ナットを取り付け終了です

DSC00846

songbirdでは様々な修理・改造のご相談を受け付けております。
お問い合わせは、お電話かメールにてご連絡ください。
〒569-0081 大阪府高槻市宮野町1-26 2F
TEL:072-669-8398 / 080-1067-1898
お問い合わせメール

  • STUDIO
    激しいロックサウンド向けのAスタジオとJAZZYなイメージのBスタジオの2室を用意しています。
  • SCHOOL
    レベルに応じて講師が親切に個人指導。お知り合いやお友達とグループレッスンも可能。
  • LIVE
    アコースティックライブも出来るカフェスペース。スタジオやスクールの後で音楽談義に花を咲かせることも。
  • CAFE
    カフェスペースの貸し切り・イベント利用等様々な用途にご使用いただけます。

pagetop